様々な出会いからの気づきを力に・・・
北九州とその近郊の学生や若者を中心に、「国際ワークキャンプ」や、

子どもキャンプ「地球列車みらい号」などを主催するNPO団体。  

Topics

☆「地球列車みらい号2017~Live with you~」参加者募集開始!

 今年で11回目を迎える「地球列車みらい号」の募集を開始しました!

今年もフィールドは平尾台。テーマは「Live with you」です。

今年も『国際ワークキャンプ北九州』でおとずれるフランス、韓国、マレーシアなどの若者と共に過ごす7泊8日。体中で誰かと、何かと「ともに生きる」意味を見出すキャンプにしていきたいと考えています! まずはお気軽にお問合せください。

申し込みはこちらから↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5711a02b513474

☆「Smilink Camp2017」募集開始!

 今年で6年目となる「Smilink Camp」の参加者の募集を開始いたしました!

今年は、福島の子供たち15名に加えて、熊本のこどもたちも15名招待いたします。

 

【開催概要】

《日時》8月4日(金)~8月10日(木)

《滞在場所》ホームステイ

      玄海青年の家

《対象》福島県在住の小学3年生~6年生

                        熊本県益城町在住の小学3年生~6年生

詳細は以下の特設ページをご覧ください!

https://smilink.jimdo.com/

福島のみなさん向けのちらしです。詳細はこちらをご覧ください!
SmilinkCamp2017(福島のみなさん).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB
北九州のみなさん向けのちらしです。詳細はこちらをご覧ください!
SmilinkCamp2017(北九州のみなさん).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 514.2 KB

☆「Smilink東⇔北2017~春~」終了!

 2017年3月23日~31日まで、福島県南相馬市、宮城県南三陸町へと訪問してきました。

 活動のメインは、夏に北九州へ訪れた福島県南相馬市のこどもたちとの宮城県でのキャンプ!

 活動地は、国立花山青少年自然の家。雪も残る中、こどもたちは自然いっぱいの安心の地で、思いっきり羽を伸ばして、遊んでいました。

また、毎年訪れていた宮城県登米市の仮設住宅は、ほとんどの皆さんが故郷の南三陸町に完成した復興支援住宅へ引っ越し。そのため、自治会長のご自宅を訪問。6年目となって迎えた新しい生活に「これからがはじまり」という言葉が印象的で、街灯のない新しい街への違和感を感じつつ、団体としてのこれからの東北とのかかわりを考えなおす滞在でした。

☆「国際ワークキャンプinカンボジア2017春」終了!

 今年で5回目となった「国際ワークキャンプinカンボジア」は、2017年2月27日~3月8日まで9名のメンバーでCIFTOへと訪問してきました。今回の滞在のテーマは道路の立ち退きによる様々な課題を抱えた現地NGO団体CIFTOの「今」と向き合うことでした。

 滞在には、過去に交流のあった日本語教師のキムさんに通訳を依頼し、村のニーズを調査。また、高校生が村のために起こしたいプロジェクトを立ちあげる「マイプロジェクト」も伴奏を開始!

 チャリティイベントで集めた寄付金を活用し、絵本、ゴミ袋、文房具などを寄付。インターネットの1年間開通費用も支援し、今後もSkypeを通した日本語教育などの授業を遠隔で実施することも決定した。

 次の訪問へ向けて、代表ダラーさんとの対話を続け、村のこどもたちの教育をさらに充実させていきたいと考えています!!

 

☆参画事業

                  Smilink Project


事務局

〒807-0825

福岡県北九州市八幡西区折尾2丁目4-19 1号室((一社)ピープラス事務局内)

連絡先

090-3595-7970